SDGs事例紹介

SHIMA DENUM WORKS代表 富井 岳さん
SDGs シンボルマーク
SDGs目標 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 12.つくる責任 つかう責任
地球に優しい、循環型のものづくり

SHIMA DENIM WORKS

アパレル産業
沖縄の代表産物であるさとうきびを使って、デニム生地に加工し、製品化。その新しい技術で地域の資源を活用した製品を展開しています。

記事を読む前に知っておきたい予備知識

・バガスとは

バガスとは

さとうきびの搾りかすのことを「バガス」と言います。
砂糖を得るために搾ったさとうきびの約4分の1がバガスになります。
沖縄県内だけでも年間約20万トンのバガスが発生していて、世界的には年間約1億トンものバガスが発生しているそうです。
沖縄ではバガスの約90%が、製糖工場のボイラー燃料として利用され、蒸気で発電機や圧搾機を回すことに利用されています。
余ったバガスは、家畜の敷料として使用されたり、堆肥となってきび畑に還元されたりします。
他にも紙の原料のパルプ材として利用されたり、近年はバイオエタノールの精製や、食物繊維を活用した加工食品としての利用研究など、活用の幅が拡がってきています。

SDGs取り組み内容

取り組みの概要

沖縄で生まれたさとうきびを、日本各地の確かな伝統技術のもと、デニム生地に加工し、沖縄県内の職人によって製品化しています。

取り組みの詳細

沖縄の象徴でもあるさとうきび。
さとうきび 自体を使うのではなく、さとうきびから発生するあまり使い道が確定されていないものを有効活用していくことに目を向けました。
さとうきびを製糖するときに発生する搾りかすのことを『バガス』と言います。
多くは燃料代わりに燃やされてしまうものですが、有効活用することでバガスは貴重な資源になります。
地域の資源を使って地域に還元できることをしたいという想いから始まり、岐阜県の美濃市の和紙技術や広島県福山市の織物技術など日本の伝統技術を集結させることで、バガスから一生モノのデニムを作り上げることができるようになりました。

今後の展開

世界で1番多く生産されている農作物はさとうきびと言われています。さとうきびは、日本で沖縄が1番生産されています。
バガスは、沖縄で年間20万トンほど出ています。
世界ではこの数よりも多く生産されている国がたくさんあります。その分バガスの出る量も多いということになります。
この事業がロールモデルとなって、さとうきび生産国に対して展開できていけたら、沖縄から世界に発信する事業にできるんじゃないかなと考えています。
日々の生活の中で衣食住は大切なこと。ライフスタイルに大切なものにも、バガスを取り入れていけたらいいなと考えています。

取材を通して感じたこと

さとうきび と人

世界で1番多く生産されている農作物はさとうきびと言われているそうです。
「砂糖は私たちの生活の中で欠かせない存在であり、その生活は続いていく。
ということは、同時にバガスも出続ける」
というお話を聞いて、SHIMA DENIM WORKS さんの取り組みはこれから先も長く、続いていくのだろうなと感じました。
私たち人間が口にする食物の、使える部分は工夫して使っていく。
自然に感謝し、無駄がないように動いていくことがとても大切だと思います。

[ 松川 ]

持続型の農業

バガスが飼料や燃料として使われている事は何となく知っていましたが、衣類に加工されていると知った時は驚きました。
最近ではファストファッションが主流となっていますが、SHIMA DENIM WORKSさんが作っているような丈夫で長年使える衣類をみんなが少しづつでも使っていければより良い未来が築けるのではないかなと思いました。

[ 又吉 ]

関連情報

最近更新されたSDGs事例紹介

SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
SDGs目標 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
技術で社会に貢献する
製造業

ビーチクリーニング活動。

インドネシア、東南アジアでの小型焼却炉チリメーサー普及に向けて取り組み。

解体不用な大型廃棄物(畳・枠材・家具)等の焼却処理の対応。

農業が基幹産業となっている離島におきましては、農業系産業廃棄物の処理、離海岸や砂浜などに漂着するゴミ問題の解決。

 

SDGs目標 2.飢餓をゼロ
SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 4.質の高い教育をみんなに
SDGs目標 8.働きがいも経済成長も
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 16.平和と公正をすべての人に
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
地域交流を深め地域にやさしいデイサービス
通所介護サービス業
  • 親子で交流を持てるイベント
  • コロナ禍での高齢者や子どもの支援
  • 地域のボランティア活動
  • 教材キットを使ったリハビリ
SDGs目標 1.貧困をなくそう
SDGs目標 2.飢餓をゼロ
SDGs目標 8.働きがいも経済成長も
SDGs目標 10.人や国の不平等をなくそう
SDGs目標 16.平和と公正をすべての人に
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
一皿のタコライスで救える未来がある
一般社団法人

みらいチケット導入してくれる協力店の募集活動

他言語講師と外国語を触れ合う児童クラブを運営

SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 4.質の高い教育をみんなに
SDGs目標 10.人や国の不平等をなくそう
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 12.つくる責任 つかう責任
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
子ども達が安心できる居場所
飲食業

地域で地域の子ども達が安心して過ごせる居場所づくりを目的として地域コミュニティを大切に支える「ももやま子ども食堂」が2015年(平成27年)5月5日に開所されました。
子ども食堂の活動に協賛してくれる県内企業と連携し余った食材や本を支援を受けて子ども食堂で食事を提供しています。