SDGs事例紹介

SDGs シンボルマーク
SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
SDGs目標 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 14.海の豊かさを守ろう
技術で社会に貢献する

株式会社トマス技術研究所

製造業
省エネルギー製品の開発・研究

記事を読む前に知っておきたい予備知識

・ゴミ問題                                                                                                  

・チリメーサとは   

ゴミ問題                                                                                                  

2020年3月に発表された、2018年度のゴミ総排出量は年間4,272トンにものぼります。

東京ドームに例えると約115杯分もの量を廃棄していることになります。

この数字は一般廃棄物の量ですので、産業廃棄物も含めるともっと多くの量のゴミを廃棄していることになります。

また、食品ロスは年間約612トンにものぼり、国民1人当たりに換算するとお茶碗約1杯分の食べ物を毎日捨てている計算になります。

・埋立地の不足

家庭から排出される粗大ゴミや不燃ゴミは粉々にしたあと、鉄やアルミなどが回収されます。

回収したあと、残ったものを「不燃破砕残渣(ふねんはさいざんさ)」と呼びます。

また、ゴミが燃えた後に燃え残った灰(焼却灰)と発生した排ガスが冷えたときに発生する灰(飛灰)を「焼却残渣」と呼んでいます。

これらの残渣たちは最終処分場へ埋め立てられていますが、その最終処分場にも限りがあります。

2020年3月に発表された最終処分場の残余年数は21.6年といわれています。このままのペースでゴミを破棄し続けていると、

約22年後にはゴミを埋め立てる場所がなくなってしまうということです。

・地球環境の悪化

焼却炉でゴミを燃やした際に温室効果ガスである二酸化炭素が発生することによって、地球温暖化が進んでしまいます。

また、ポイ捨てやゴミの不法投棄によって、山や海などの環境も破壊されてしまいます。

 

 

チリメーサとは   

 

1. 超低ダイオキシン 

ダイオキシンの排出量を日本政府の規制措置の50分の1に削減。

焼却中は燃焼温度を自動制御し超高温(800~850℃)で熱分解を行うので、

有害物質の発生を抑えます。

2. 煙を出さない

燃焼室での完全燃焼・煙突内部でのエアーカーテン効果・燃焼室内での水噴霧により煙を出しません(特許技術)。

焼却が難しいタイヤでも煙はでません。可燃物ならどんなごみでも大丈夫。

3. 廃棄物処理の内製化で経費削減!

ごみを投入してふたを閉め、自動運転ボタンを押すだけの完全自動運転。だから手間がかからず

廃棄物処理の内製化できます。

結果、ごみ処理問題、廃棄物処理のコストが削減できます。

また、その他にも、焼却熱を利用した給湯システムがあります。(サーマルチリメーサ―)

SDGs取り組み内容

取り組みの概要

ビーチクリーニング活動。

インドネシア、東南アジアでの小型焼却炉チリメーサー普及に向けて取り組み。

解体不用な大型廃棄物(畳・枠材・家具)等の焼却処理の対応。

農業が基幹産業となっている離島におきましては、農業系産業廃棄物の処理、離海岸や砂浜などに漂着するゴミ問題の解決。

 

取り組みの詳細

トマス技術研究所のホームページにて、「ごみ処理費の無料診断」を行い、
ごみ処理費が適正なのか判断、処分費削減のご提案を行っています。
また、月2回デモンストレーションを行い、実際に廃棄物を焼却している様子をご案内しています。

今後の展開

海外事業展開

更なる技術開発で地球環境改善に取り組む。

取り組みを通して

未来を担う子どもたちに、より住みよい地球環境を目指していくそうです。

 

フォトギャラリー

取材を通して感じたこと

住みよい地球環境を目指して

大きな問題になっている、ゴミ問題に、トマス技術研究所の皆様が、日々解決に向けて

取り組んでいる姿に、私もゴミを出さない努力、リサイクル等に力を入れていこうと思いました。

チリメーサ―で実際にタイヤを燃やしている作業風景を見て、煙の少なさにすごく驚きました。

小さな焼却炉には沢山の努力とゴミ問題に向けての夢と希望が詰まっていました。

[ 新垣 ]

どんどん広がっていって欲しい!

実際にチリメーサーを拝見、燃やしているところの見学をさせて頂きましたが、本当に煙が出ていなくてびっくりしました。
火力発電に依存してしまい、地球温暖化が年々悪化し問題視される中この夢の焼却炉「チリメーサー」は、もっと世界に展開していく必要があると感じました。
実際地球温暖化に真剣に取り組む様になりつつあるのは私の中ではここ最近のことの様に思います。
ですが、いち早く気づき何年も前から開発に取り組み「チリメーサー」を開発した社長の福富さんはとても素晴らしいなと思いました。
とても貴重な経験が出来ました。有り難うございました。

[ 安森 ]

関連情報

最近更新されたSDGs事例紹介

SDGs目標 2.飢餓をゼロ
SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 4.質の高い教育をみんなに
SDGs目標 8.働きがいも経済成長も
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 16.平和と公正をすべての人に
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
地域交流を深め地域にやさしいデイサービス
通所介護サービス業
  • 親子で交流を持てるイベント
  • コロナ禍での高齢者や子どもの支援
  • 地域のボランティア活動
  • 教材キットを使ったリハビリ
SDGs目標 1.貧困をなくそう
SDGs目標 2.飢餓をゼロ
SDGs目標 8.働きがいも経済成長も
SDGs目標 10.人や国の不平等をなくそう
SDGs目標 16.平和と公正をすべての人に
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
一皿のタコライスで救える未来がある
一般社団法人

みらいチケット導入してくれる協力店の募集活動

他言語講師と外国語を触れ合う児童クラブを運営

SDGs目標 3.すべての人に健康と福祉を
SDGs目標 4.質の高い教育をみんなに
SDGs目標 10.人や国の不平等をなくそう
SDGs目標 11.住み続けられるまちづくりを
SDGs目標 12.つくる責任 つかう責任
SDGs目標 17.パートナーシップで目標を達成しよう
子ども達が安心できる居場所
飲食業

地域で地域の子ども達が安心して過ごせる居場所づくりを目的として地域コミュニティを大切に支える「ももやま子ども食堂」が2015年(平成27年)5月5日に開所されました。
子ども食堂の活動に協賛してくれる県内企業と連携し余った食材や本を支援を受けて子ども食堂で食事を提供しています。