沖縄市に不法投棄された「ごみ山」

沖縄市に不法投棄されたごみの山があります。
現在100mまで積み上がっており、今後15年かけて処理していく方向とのこと。

一度誰かがごみを捨て、また誰かが同じ場所にごみを捨てる。
というのを何度も繰り返していくと、そこは「ごみ捨て場」になってしまいます。
すでに沢山ごみがあるから捨てても良い場所、という風に考える人も出てきます。
なのでごみはきちんとあるべき場所で処理しなければいけません。
たった一つの空き缶や小さいごみのポイ捨てが、新たな「ごみ捨て場」を作り、いずれ「ごみ山」になるかもしれません。
皆さんも沖縄を守るためにごみはきちんと処理しましょう!

Yahooニュース:「ごみ山」32メートル分、15年かけ解消へ 不法投棄の後継業者と沖縄市など合意

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」