沖縄振興計画 SDGsに重点 先端技術実証実験の島へ

10年ごとに策定される、県の振興計画が今年で期限を迎え、来年度からの新しい計画案が発表されました。

持続可能な開発目標であるSDGsに重点を置いて、再生可能エネルギーや社会のデジタル化を進める戦略が打ち出され、それにかかわる企業などを誘致して沖縄を先端技術の実証実験の島として活用してほしいという方針です。

世の中の流れを捉えた希望的な計画案だと思いますし、沖縄が未来のモデル地域となれるように持続可能な取り組みが進められることを願います。

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ