生地サンプル帳からトイレットペーパーへ 快適な住空間の創造を目指すシンコー沖縄

サンプル帳の再利用推進

 インテリア内装・資材卸売りのシンコー沖縄は、エコマーク認証商品を扱い、自然と人が共生できる快適な住空間の創造を目指す。

 約10年前から商品改廃時に使用できなくなった生地のサンプル帳を販売店から回収。社会福祉法人に委託、分別してトイレットペーパーとして再利用し、リサイクルを推進する。

 社内では、2015年から女性が活躍できる部署の拡大を行い、積極的に管理職に登用。社内環境を整備し、ワークライフバランスの実現に取り組む。今年3月には、社会福祉法人など3団体に総額30万円を寄付した。

シンコー沖縄さんは今まで捨てていた生地のサンプル帳を販売店から回収し、トイレットペーパーとして再利用して捨てることのない循環型社会に向かうとてもいい取り組みだと思いました。

また、社内の活動としては女性が働きやすい環境の構築にも取り組んでおり、積極的に女性を管理職に登用したりワークライフバランスの実現にも取り組んでおり、SDGsの視点から見てもとてもいい取り組みではないでしょうか?

このような企業が増えていくことで地球環境が良くなり住みやすい街になっていくと思っています。

生地サンプル帳からトイレットペーパーへ 快適な住空間の創造を目指すシンコー沖縄

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【恩納】地域資源を活用した新商品で恩納村を国内外に

明るい未来を子どもたちへ繋げていけるように、次代を

沖縄県うるま市平安座島に今年10月「助産院ばぶばぶ

【石垣】漂着ごみ問題解決に向け活動する高校生らが作

本部】沖縄美ら海水族館(本部町)は5日、沖縄本島周

【沖縄】子どもの居場所づくりを目指す沖縄市山内自治

リサイクル事業などを手掛けるトリム(那覇市、坪井巌