「DON’T STOP NAHA & OKINAWA NOW」那覇市並びに沖縄県における子どもの貧困解消の推進支援プロジェクト

明るい未来を子どもたちへ繋げていけるように、次代を担うこどもたちへ

沖縄の子供達を取り巻く現状は深刻です。子ども時代の経済格差が教育格差を生み、将来の所得格差に繋がります。日本では、最終学歴や正規・非正規といった就業形態による所得の格差が存在するため、教育格差が生涯所得に大きく影響します。
「私たち大人には何ができるだろう」 
子どもの貧困は決して「他人事」ではなく、日本国民一人ひとりに影響しうる「自分事」です。「こどもは国の宝」次代を担うこどもたちへ、「明るい豊かな社会を実現すること」。 こどもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にあるこどもが健やかに成長出来る環境を整え、公平な教育の機会得ること。未来への希望、自立する力を育てる機会と環境を提供することは私たち大人世代の責任です。
本事業では、「DON’T STOP NAHA NOW」(那覇市市制100周年記念事業ロゴマーク入り)・「DON’T STOP OKINAWA NOW」を掲げチャリティーTシャツとして全国へ発信します。

DON’T STOP NAHA & OKINAWA NOW」
那覇市並びに沖縄県における子どもの貧困解消の推進支援プロジェクト

「DON’T STOP NAHA & OKINAWA NOW」運営事務局(運営主管:社会事業団ONI CHANCE、所在地:沖縄県那覇市、代表:鬼頭著)は、KISS,TOKYO®とコラボし「DON’T STOP NAHA & OKINAWA NOW」を掲げてチャリティーTシャツを全国へ発信します。(本プロジェクトの立ち上げ支援をオニクル株式会社が行っております)
今回の新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の影響は、私たちの生活(事業者やそこで働く人たち、家族や子どもたち)や経済にまで及んでいますが、せめて #心は止めない!ように、KISS,TOKYO®より「DON’T STOP TOKYO NOW® 」のご当地版として「DON’T STOP NAHA NOW」「DON’T STOP OKINAWA NOW」のデザイン提供をいただきました。
本プロジェクトにて得た支援金は、この状況にも負けず、明るい未来を子どもたちへ繋げていけるように。次代を担うこどもたちへ 那覇市並びに沖縄県における子どもの貧困解消の推進支援に活用させていただきます。

日本の子どもの貧困率は今、OECD加盟国の中で最悪の水準にあります。子どもの貧困率は、1980年代から上昇傾向にあり、今日では実に7人に1人の子どもが貧困状態にあるとされています。

『新型コロナウイルスの流行により、世帯収入が減り、低所得層では「5割以上減った」が10%を超える』
沖縄県調査(2021年6月1日発表)《出典・引用: 沖縄県子ども生活福祉部 子ども未来政策課》

私が住み暮らす沖縄県では、子供の貧困率/沖縄29.9%全国13.9%、10代出産割合/沖縄2.6%全国1.2%、1人当たり県民所得(千円)/沖縄 2,391全国3,304は低い方から1位、非正規の職員・従業員率(%)/沖縄43.1% 全国38.2% 高い方から1位、母子世帯出現率(%)沖縄2.6% 全国1.4% 高い方から1位です。
《出典・引用: 内閣府 子供の貧困対策推進室》

沖縄の子供達を取り巻く現状は深刻です。子ども時代の経済格差が教育格差を生み、将来の所得格差に繋がります。日本では、最終学歴や正規・非正規といった就業形態による所得の格差が存在するため、教育格差が生涯所得に大きく影響します。
「私たち大人には何ができるだろう」 
子どもの貧困は決して「他人事」ではなく、日本国民一人ひとりに影響しうる「自分事」です。「こどもは国の宝」次代を担うこどもたちへ、「明るい豊かな社会を実現すること」。 こどもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にあるこどもが健やかに成長出来る環境を整え、公平な教育の機会得ること。未来への希望、自立する力を育てる機会と環境を提供することは私たち大人世代の責任です。
私たちは、「DON’T STOP NAHA NOW」「DON’T STOP OKINAWA NOW」を掲げチャリティーTシャツとして全国へ発信します。皆さまと力を合わせ、貧困の連鎖を断ち切ります。

なぜチャリティー Tシャツなのか ー『想いをつなぐ』ー
チャリティー」に興味がない人たちや沖縄県や那覇市にご縁が無かった人たちが気軽に参加出来る機会として普段身に付けられるものであれば、「チャリティー→チャリTee(チャリティー+Tシャツ)」がもっと身近になるのではないかと考えました。このTシャツを着ていただくことで沖縄の子どもたちへ想いをつなげていただければ幸いです。
 本事業は、クラウドファンディングを活用することにより、全国へ広く発信します。遠方からでもアクセス可能であり、利便性もあり、新たな関係性(那覇市並びに沖縄県と支援者)を構築し、那覇市市制100周年記念事業の スローガンである「つなぐ むすぶ ひらく」へとつながります。 《出典:那覇市市制100周年記念事業》

沖縄県では所得の低さ、貧困率、早期出産割合、母子家庭率、非正規の職員や従業員率など全国からみて劣っております。

この活動はそういった様々な問題を解決する一歩になるのではないでしょうか?

「想いをつなぐ」ことで貧困や困っている人達の未来も繋ぐことになると思うので、このTシャツを着る人が増えて想いが繋がればいいなと思いました。

「DON’T STOP NAHA & OKINAWA NOW」那覇市並びに沖縄県における子どもの貧困解消の推進支援プロジェクト

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ