母子世帯の就業支援でグッドデザイン賞 MOM FoR STAR ウェブ業務受注と生活支援

沖縄のシングルマザーを対象にしたウェブデザイン就業プロジェクト「MOM FoR STAR(マム フォー スター)」が20日、2021年度のグッドデザイン賞を受賞した。同日、賞を運営する日本デザイン振興会が発表した。SDGs(持続可能な開発目標)を推進する県内企業・団体のネットワークOKINAWA SDGsプロジェクト(OSP、事務局・琉球新報社、うむさんラボ)の会合をきっかけに生まれた。

 同プロジェクトは、レキサス(うるま市、比屋根隆社長)が県内のシングルマザーを雇用して、フォーデジット(東京、蛭田正司、田口亮代表取締役)が研修プログラムを提供し、仕事を依頼する。研修中も給与を受け取ることができる。仕事や生活の悩みはしんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄(秋吉晴子代表)が受け皿になる。4月から取り組んでいる。

 比屋根社長は「取り組みを継続することはシングルマザーの希望にもなると思う。このプロジェクトをきっかけに、人と人とがつながり、支え合えるようになればうれしい」と話した。

 21年度のグッドデザイン賞は、5835件の審査対象の中から、国内外の各分野の専門家など88人の審査委員が審査し、1608件の受賞が決まった。審査対象件数、受賞件数ともに過去最多だった。

 審査委員は「弱者に働く環境を提供することは、社会的にも意義がある。これからも工夫を積み重ねて、多くのシングルマザーを支援してもらいたい」と期待を寄せた。

シングルマザーが安心して仕事に取り組める環境があるのはSDGsの視点から見てもいい取り組みだと思いました。

研修中から給与を貰うことができ、仕事や生活の悩みを相談できる受け皿もあることは多くのシングルマザーの助けとなるのではないでしょうか?

こういう取り組みがグッドデザイン賞になるということは社会的にとてもいいことだと思いました。

母子世帯の就業支援でグッドデザイン賞 MOM FoR STAR ウェブ業務受注と生活支援

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」