ゴミ拾い1.6トン!「たった一人」が島民みんなへ 宮古島の大林さん「卒業ラン」

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」。地域おこし協力隊として3年間、宮古島市のエコ活動をけん引してきた大林領さん(39)=大阪府出身=が6月30日、協力隊を卒業したそうです。「たった一人のエコクリーン活動」と銘打ち、リヤカーを引いて拾い集めたごみは3年間で1.6トンものゴミの量だったそうです。任期最後の30日も「卒業ラン」として約12キロ歩いてごみを拾い、市民や市職員が待つゴールの市役所に着いたそうです。

 大林さんは2018年に協力隊として市エコアイランド推進課に配属された。片手で拾える範囲のごみを見つけたら拾う「ワンハンドクリーンアクション」の浸透を図ろうと、「たった一人のエコクリーン活動」を始め、リヤカーを引き、島内を歩いておじぃやおばぁと語らう。

 毎月数回、島を歩いてごみを拾う大林さんの姿は島内でも話題となり、小学校での環境問題の出前授業や地域住民との清掃活動も増えた。夏祭りなどイベント会場では子どもたちが進んで参加し、たった一人で始めたゴミ拾いが次第に島のみんなが興味を持ち、協力し活動が広がっていったのだそうです。

 30日の「卒業ラン」は市下地与那覇を午前6時半に出発し、市民も参加し、約7時間かけて島を“掃除”した。

 市役所で開かれた卒業式で座喜味一幸市長は「大林さんの3年間の地道な活動こそ、千年先の未来をつくるもの。海を守り、水、森を守る。消費社会の中で大事なことを教えてくれた」と感謝をした。

 卒業祝いの花束を手にした大林さんは「最後のゴールを皆さんとできて良かった。卒業後は来間島でエコガイドツアー兼カメラマンとして頑張る。応援してくれたらうれしい」と笑った。

一人で始めたことが次第に地域みんなが協力し、最後にはみんなが一丸となって力を合わせる。大林領さんは卒業しましたがこの活動がこれからを担う子供達が受け継いでくれるといいですね。

ゴミ拾い1.6トン!「たった一人」が島民みんなへ 宮古島の大林さん「卒業ラン」

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ