「子どもが社会から見捨てられないような環境を」 太名嘉組が100万円を寄付[未来支える]

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28日、沖縄タイムス社を訪れ、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に100万円を寄付した。

 名嘉社長は、創業50周年記念事業の取り組みだとして「企業が受け皿となり、子どもが社会から見捨てられないような環境をつくりたい」と力を込めた。同社は同プロジェクトのほか、浦添市などの3市村にそれぞれ100万円を寄付した。武富社長は「たくさんの企業や個人の支えで、継続した支援ができる」と感謝した。

素晴らしい取り組みですね。

前の記事でも投稿していますが、新型コロナウイルスなどの影響で沖縄の子供の貧困問題が重要視される中このような支援はとてもありがたいですね。

「子どもが社会から見捨てられないような環境を」 太名嘉組が100万円を寄付[未来支える]

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ