JAおきなわ×オリオンビール フードロス削減など連携

SDGsやフードロス削減を合言葉に地産地消を進めていくため、JAおきなわとオリオンビールがタッグを組むことになりました。 JAおきなわ前田典男専務「JAが原料を提供いたしまして、オリオンビールが商品開発販売を担っていただくことで、県産農畜産物の消費拡大と認知度向上に向けた取り組みを進めてまいりました」 JAおきなわとオリオンビールが結んだ今回の包括提携協定では、県内で生産量が多い黒糖やパイナップルを活用した新商品の開発や、傷んだりして出荷できない果物の有効活用で地産地消やフードロスの削減などを目指しています。 また、果実の搾りかすや麦芽粕などを飼料として活用することも想定されていて、JAおきなわとオリオンビールの双方にとって農畜産物の生産拡大と持続可能な発展に加え、原材料の安定供給というメリットがあります。 今後は、果実だけでなく、家畜や野菜などの有効活用にも取り組んでいく方針です。

沖縄の企業同士がフードロス という同じ課題に向かって協力するのはとても良いことだと思いました。

また、沖縄の県産農畜産物の消費拡大や生産拡大など他にもメリットがあり、このような活動を継続的にできるようになれば、

沖縄がもっと住みやすい県になるのではないでしょうか?

JAおきなわ×オリオンビール フードロス削減など連携

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」