3カ月ぶりに「おいしい」 子ども食堂「やまむむ食堂」開催 沖縄市

【沖縄】子どもの居場所づくりを目指す沖縄市山内自治会(廣山實会長)のやまむむ食堂が10月16日、昼食時間帯に公民館ホールで開催され、「とてもおいしかった」と参加者の笑顔がはじけた。

 市の補助も受けた子どもたちの食堂。定例化されていたが、緊急事態宣言解除を受けて3カ月ぶりの開催となった。

 自治会の評議員が朝早くから準備したメニューは焼き肉、焼き鳥、焼きそば、ソーセージなどバーベキューメニュー。分量もたっぷり。感染防止対策をして園児から小中学生まで40人余、引率の父母の姿もあり、楽しいひと時を過ごした。

 毎回参加している子どももおり、自治会ではアンケートを取って次回に生かす工夫をしている。

 今回初めて市地域包括支援センター西部南が認知症に対する啓発パネルをイラスト入りで展示した。
 (岸本健通信員)

未来を担う子供達に食を提供する「子供食堂」という取り組みはとても素晴らしいと思います。

市の補助金が有り、自治会の人が朝早くから準備をし、父母がお手伝いをし、みんなで助け合い協力することで、

子供食堂を開催できると思います。

この素晴らしい活動を継続して行う為にも、これからもみんなで協力して行うことが大事になってくるのではないでしょうか?

3カ月ぶりに「おいしい」 子ども食堂「やまむむ食堂」開催 沖縄市

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ

【恩納】恩納村仲泊の蜂蜜店「Honey Bee 蜂

【北部】イオン環境財団(千葉県、岡田卓也理事長)は

【恩納】地域資源を活用した新商品で恩納村を国内外に

明るい未来を子どもたちへ繋げていけるように、次代を

沖縄県うるま市平安座島に今年10月「助産院ばぶばぶ

サンプル帳の再利用推進  インテリア内装・資材卸売