エコ素材でかりゆしウエア ブランド「MAJUN」が県内外業者とコラボ

かりゆしウエアブランド「MAJUN OKINAWA(マジュン・オキナワ)」を展開する日進商会(糸満市、大城直也社長)は8日から、環境に優しい素材を使用した新商品のポップアップイベントを、豊見城市のイーアス沖縄豊崎内の直営店で開いている。17日まで。

 ユーカリを原料にしたテンセル混のデニム生地を生産する「篠原テキスタイル」(福山市)と、サトウキビの搾りかすを使ったアパレルを展開する「SHIMA DENIM WORKS(シマ・デニム・ワークス)」(浦添市)とそれぞれ協業した。両者の生地と日進で生産時に残った端切れを組み合わせ、新たな商品価値を生みだす。篠原テキスタイルの生地を使ったウエアは、ボタニカル柄と花ブロック柄の2種類。首回りはバンドカラーでカジュアルなデザインとなっている。価格は税込み1万3750円。

 シマ・デニム・ワークスの生地を使った商品は白地のシャツに胸元の切り替えがアクセントになっている。40着限定で税込み1万6500円。

 日進商会の我如古直裕さんは「シーンを選ばない着こなしができる。普段かりゆしを着ない人にも試してほしい」と話した。

沖縄のビジネスシーンや結婚式などでたくさんの人が着用している「かりゆしウエア」。

その多くの人が着用しているかりゆしウエアを環境に優しい素材で作ることによってアパレル業界の課題である大量生産・大量廃棄の問題を解決するキッカケにもなるのではないでしょうか?

MJUN OKINAWWAさんだけではできなかったことも篠原的スタイルさんやシマ・デニム・ワークスさんなどと一緒に共創してやることで、

新しい取り組みや新しい物を作ることができると思います。

地球環境を良くするために同じ方向性を持った人達で共創することで今よりも住みやすい環境になっていくのではないでしょうか。

エコ素材でかりゆしウエア ブランド「MAJUN」が県内外業者とコラボ

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JA

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」