きいやま商店が応援団長に 花火1万発、市制60周年を彩る 宜野湾で7月3日「琉球海炎祭」

【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JALpresents琉球海炎祭2022」(主催・同実行委員会)が、7月3日に宜野湾海浜公園で開かれる。今年は日本復帰50年と宜野湾市制施行60周年を記念したイベント。同市では2019年以来、3年ぶりの開催となる。拡大する

琉球海炎祭の開催は19回目。観覧者数は1万2千~1万5千人を見込む。チケットは6月上旬から沖縄ファミリーマートと楽天チケットで販売する。価格は3500~1万2千円を予定。5月末から6月26日までクラウドファンディング(CF)も募る。

 イベントを盛り上げるため、石垣島出身の3人組バンド「きいやま商店」が応援団長に就任した。

 23日に宜野湾市役所で開かれた記者会見で松川正則宜野湾市長は「新型コロナの中、市民や県民に元気を与えるイベントとして成功させたい」と期待した。問い合わせとCFはイベントホームページ、https://www.ryukyu-kaiensai.com/ から。

コロナ禍で3年連続の延期が続き待ちに待った琉球海炎祭ですね♪

県外、海外からも沖縄県で大規模を誇るイベントです!

きいやま商店が応援団長に 花火1万発、市制60周年を彩る 宜野湾で7月3日「琉球海炎祭」

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のお知らせ記事

【うるま】うるま市立田場小学校(稲福盛也校長)6年

 産業廃棄物処理に携わる174社でつくる、県産業資

総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28

県は5月31日、県内の子どもや保護者の生活実態を調

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうござい

【宮古島】「千年先の未来に、できることを少しずつ」

【沖縄】専門学校日経ビジネス(沖縄市)のキャリアビ