地球に優しい取り組み「econawa」

沖縄県宜野湾市にある会社 econawa (運営:合同会社goldfish)速水様にお話を伺いました。

私たちの暮らしにとても身近なプラスチック。

安価で安全で加工しやすく、生活のあらゆる場面で使われています。

しかし、世界の海で流失しているプラスチックごみは、年間1億5000千万トンもあり、海の生態系に甚大な影響をもたらしています。

日本では未だプラスチック製品が多く使われておりますが、海外では海洋プラスチックゴミ問題に取り組んでおり、環境負荷を減らす持続可能な商品が多く、エコ意識が高まっています。

少しでも日本のエコに対する意識・環境が変ればと思い立ちあげた会社が「econawa」です。

今回、紹介していただいた中で印象が強かった商品

「竹ファイバー製フードコンポスター」 (写真3枚目 中央に見えるバケツ型の商品)

家庭内で出る生ごみを土の入ったコンポスターへ入れると分解され、たい肥へ生まれ変わり、家庭菜園などで使えます。(臭いは殆どありません))

また、コンポスターは竹素材で出来ており、万が一廃棄となった場合でも環境に負荷をかけず、自然の土に帰ります。

※沖縄県では、生ごみ処理機の購入補助金制度があります。詳細は、各市町村のホームページをご確認下さい。

その他にも、普段料理で何気なく使うサランラップですが、シリコンカバーにかえる事でゴミを無くす事ができ、食材の鮮度も保ち持続的に使える優れものでした。econawaでは様々な商品を取り揃えておりますでの、是非見ていただきたいです。

’econawa’が考え目指す 無駄をなくす’Zero waste’(ゼロウェイスト)

日々の生活で、常にエコを意識する事は難しい事かもしれませんが、一人一人が少しでも意識する事で

地球の豊かな自然環境を守り、新たな持続可能な社会づくりができるのではと感じました。

■econawa

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イベント情報についてお知らせ>

■開催場所 北谷公園サンセットビーチ

■日時 11月7日(日)12時~17時 ※上映会あり

■イベント内容

「 Breath In The Moment 今を生きるとは」の上映会が実施されます。

若きサーファー達の、夢を追う青春ドキュメンタリー映画

今を生きることとは何かを追い求め、環境問題・自分らしさ・世界平和など 現代に生きる私たちが考えるべき問題を提起しています。

詳細は、Berch In The Moment のインスタをご確認下さい。

イベント会場では「econawa」も参加しますので、是非ご来場下さい。

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のアクション 紹介

2022年ミス沖縄に選出された田中結衣さんが会社に

BeKindOKINAWAから産地直送通販サイト「

今年2022年、戦後77年が経ちました。戦争体験者

5月30日はごみゼロの日ということで、Be kin

アースデイとは1969年、国際連合教育科学文化機関

東京で開催された、サスティナブルエキスポに参加して

2022年3月26日放送のOTV企画 SDGs特番

沖縄本島南部にある糸満市内の小学校にて、小学5年生