オキナワインターナショナルスクールでSDGs講演してきました!

沖縄県南城市にある「オキナワインターナショナルスクール」南城キャンパスにて小学5年生を対象に19名の児童が参加し、90分ほど地球温暖化問題や再生可能エネルギー、フードロス、海洋問題など環境問題を内容に加え、私たち、「Be Kind OKINAWA」のメディア発信している広報活動紹介などをスライドで使った特別授業を行いました。

オキナワインターナショナルスクールでは、総合学習の科目でSDGsに関わる環境問題を新聞やテレビ、ネットなどのあらゆるメディアなどから児童自ら調べ壁新聞などにして教室や廊下の壁などに展示し学内での周知活動もしています。


[SDGs達成目標7番のクイズ出題してる様子]

トーラス株式会社の社員が講師として、SDGs達成目標7番の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」12番「つくる責任 つかう責任」13番「気候変動に具体的な対策を」14番「海の豊かさを守ろう」の4項目を主に児童達と一緒に沖縄環境問題について考えました。

児童の表情は緊張している様子が伺えましたが、ちょっとした雑談やクイズ形式もだしながら緊張感を和らげ最後には積極的に参加してくれるようになり、発表する児童も徐々に増えて楽しい授業になりました。


[太陽光エネルギーの仕組みなどについて真剣にインタビューする児童ら]

特別授業が終了すると、今度は3名の児童が代表による私たちに向けてのインタビューも行われ、「私たちが地球温暖化防止の活動していく中で必要なことはなんですか?」や「なぜこの会社を設立したのですか?」、「どんな方が太陽光パネルを購入しますか?」「ソーラーパネルを販売や施工以外にどのような活動をされてますか?」など興味津々に数多くの質問を頂きました。


授業を受けて嬉しいコメントや感想を多く頂きました。

分かりやすかったという感想が多くて本当に嬉しかったです。とてもやり甲斐のある授業でした。

最後に子供達と仲良く写真を撮りました。オキナワインターナショナルスクールの皆様ありがとうございました。

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

その他のアクション 紹介

アースデイとは1969年、国際連合教育科学文化機関

東京で開催された、サスティナブルエキスポに参加して

2022年3月26日放送のOTV企画 SDGs特番

沖縄本島南部にある糸満市内の小学校にて、小学5年生

北谷町栄口区にて毎週金曜日午前10時から区公民館前

大阪の地に根づいた沖縄の文化と人々 大阪市大正区に

沖縄県宜野湾市にある会社 econawa (運営:

沖縄県糸満市にある糸満市場「いとま〜る」では、地球